求人手法

WEB業界、IT業界、小売業界、製造業など様々な業界で求人がかけられている状況です。
そして、
日に日に人員不足している業界は、
WEB業界、IT業界だと言えます。
日々新しい情報、技術が入ってくるのが日常茶飯事、
新しいことに挑戦するための人材も必要ですし、
何より、習得した技術を繰り返し作業してくれる人材も必要なのです。

そのために企業は多くの求人を掲載していますが、
なかなか良い人材が集まらないのが現状だと言えるでしょう。
理由としては、
繰り返し作業する人材と、
新しい技術を取り入れて挑戦してみる人材に乖離があるからです。
繰り返し作業する人材は出来れば安く雇いたいという事が一つ考えられます。

しかし給料が安いということは仕事に対する責任感を高くしにくいのが現状です。
また、作業の中に新しい技術が投入されても、
基本的には利用しない人材達なのです。

考えて下さい。
ルーチンは今まで新しい仕組みを利用することがないのでルーチン作業として成立していたのです。
たとえば庶務などがそうです。
庶務の仕事に工夫の使用があまりありません。
※昔ながらの伝票チェック等の仕事です。
それが、サイトのコーディングとなるとルーチン要素はあるのですが、
WEB業界ここ10年で、HTML→XML→HTML5 CSS 等の新しい技術が登場しました。
WEB業界はそんな状況の中、
ルーチン作業と思い働いていた人材は、
その新しい技術を取り込んですぐ作業を始めることができるのを考えたところ、
非常に難しい状況ではないかと思うのです。
その技術を新しいエンジニアリーダーが、
新しい技術を咀嚼して教育し、
誰でも使える状況にしてもルーチンが好きな従業員からの反発を受けるのです。
これは結構めんどくさい事態です。

そして、2週間我慢強く利用してもらい、
やっと利便性に気がついてもらえると言う状況なのです。






What's New

2013/02/22
新着情報3を更新。
2012/11/19
新着情報2を更新。
2012/04/09
新着情報を更新。
2011/08/01
新着情報を更新。
2011/08/01
アナログな売り込みを更新。
2011/08/01
ポータル媒体を更新。
2011/08/01
WEB求人Q&Aを更新。
2011/08/01
ホームページリニューアル
新着情報 | WEB求人Q&A 2011年12月05日